社会人のマナーとして葬儀に出席をする

社会人にもなれば、葬儀にも参加することも多くなるでしょう。
会社の社長さんがなくなると、会社ごとに社葬を行うこともあります。

社会人として葬儀に出席することは当たり前のことであり、人と人とのつながりを保つためのマナーとしても考えられています。従って、この行為ができない場合は健全なお付き合いができないことになる場合もあります。社会人ですから、自分一人だけの考えで行動することは慎まなければなりません。あくまでも全体を考え、スムーズにことが進むのかということを注意しながら仕事などを行う必要があります。葬儀に関しても、亡くなられた方が自分の苦手な方であったとします。生前にはその方とのよい思い出はないものとし、できるだけ個人的なお付き合いは控えたいとも思っていた方です。しかしながら、仕事を通じてそのような方と接する上では、その方の背後にいらっしゃるさまざまな方々のことを考えておかなければなりません。このような方がいると分かっているならば、とても苦手だった方の葬儀にも積極的に出席することが望まれます。それが、社会人としてのマナーであると言えます。

また、葬式に参列する場合、してはいけない服装のマナーがあることをご存知でしょうか。
とりあえず黒い服を着て、黒い小道具を持っていけばOKと思っている人も多いようですが、実は細かいNGマナーが存在します。
まず、たとえ黒であっても女性は膝より短いスカートや七分袖より短い袖丈の服はNGです。これは肌の露出がマナー違反とされているためで、葬式では立ったり座ったりの行動もあるので、座った際に膝が出ないラインで選びます。
また、アクセサリーは一粒真珠のイヤリングと真珠の一連ネックレスのみ可です。
注意しなければいけないのは、真珠であっても2連のネックレスは不幸が重なるという言葉を連想させるため絶対にNGです。また、真珠がチャームに使われていてもゴールドやプラチナのペンダントではNGです。
それ以外に宝石や貴金属がついているものは基本的にNGです。
派手な腕時計はNGで、バッグや靴は黒地で金属の飾りがついていない物を選ばなければなりません。

<PR>貯蓄 / GetMoney / ショッピングカート / オーディオ / 童話 / JALカード / 超SEO対策 / 住宅リフォーム総合情報 / 女性向けエステ.com / 健康マニアによる無病ライフ / 生命保険の選び方 / 英語上達の秘訣 / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の口コミ.COM / 英語上達の秘訣