葬式の時には光り物は外す

葬式参列時には色々と気を使うものですが、特に女子には注意をしたこととして、光り物は外すというのがあります。むかしはブランド志向の日本人がバブルを活性化させていたので、それは多くの女性が宝石やブランド物を所持していました。ブランド物のアクセサリーを持っていない方が珍しかったのは、80年代までのバブルを謳歌した時代まででしょう。

現代人がブランドが嫌いかというと、そういうわけではなく、だからと言ってブランドものに執着もないものです。それでも光り物のアクセサリーは女性は好きですし、普段はファッションで身に付けることがあります。今はかなり安くアクセサリー購入ができますし、ブランドモノにこだわらなければ、安いアクセサリーはすぐに入手ができます。

キラキラしたアクセサリーは、女性たちの心をワクワクさせるマジックのようなものです。でも葬式に行くときには、除したりはキラキラと光り輝く、色とりどりの光り物は、外していきましょう。