家族葬のメリットデメリット

最近よく行う方が多い家族葬。
メリット・デメリットは当然あります。
メリットは、なんといっても費用を抑えられるということでしょう。
会葬品や料理が少なくてすむ、別館のような小さな部屋で行えるので、祭壇もコンパクトサイズなど選ぶなどできるので、全体の費用を抑えられます。
家族葬は葬儀の準備も参列者も身内が大半を占めるため、弔問客の対応などをすることが少なくなります。
身内だけのため気をつかうことなく、葬儀の手間が少なくなるために、近親者だけでゆっくりと故人とお別れをすることができます。
上記のことだけではなく、故人の好きだった音楽を流したり、みんなで歌ったりしてお別れをされていることもあります。
家族葬のデメリットは、亡くなられたことを耳にされた方が葬儀後に弔問客が訪れ、かえって手間がかかったり、香典収入を期待できない分、一般葬より逆に高くつくこともあります。
年配者で、参列者を呼ばないなんて、と言い出してもめてしまうということもあります。
故人の意思で、といってなんとか理解してもらったということもあります。
メリット・デメリット両方あるので、そのへんをよく理解した上で行うようにしましょう。