葬儀のマナーやお作法は、宗教や形式により異なります

死者を弔い、死者に別れを告げる儀式の葬儀は、宗教や宗派により、内容や流れ、お作法が全て異なります。例えば、9割以上の日本人が行うとされる仏教式では、僧による読経と参列者による焼香を行って、故人の成仏を祈りますが、キリスト教式では讃美歌または聖歌を歌い、参列者は献花します。日本特有の神道式では、手水の義を行い、玉串を奉納します。キリスト教式と神道式の葬儀では、仏教用語の成仏や供養などの言葉は使わないなど、それぞれの宗教や宗派によってマナーが違いますので、参列する葬儀の宗教やお作法については、前もって調べておくようにしましょう。また、昨今では、無宗教葬や自由葬と言って、特定の宗教にとらわれない自由な形式の葬儀を行う方も増えています。故人の葬儀がどのような形式で行われるかは、事前に聞いておいた方が無難です。ただ、どの形式によって行われるにしても、参列者が喪服を身に着けることや、エナメルなどの光る材質のものや派手なものを避けるといったマナーは、共通しています。