葬儀の喪服のマナーについて

葬儀とは、亡くなられた方を弔い、別れを告げるために行う儀式のことです。葬儀は、執り行う宗教や宗派により、形式や流れが違います。また、それぞれに決まったマナーがありますので、葬儀に参列する際は、どの宗教や宗派の儀式なのかを前もって調べておいた方が、安心です。しかし、どの宗教や宗派で葬儀を行うにしても、参列者が身に着けるべきもについては、共通のマナーがあります。一般的に、弔事用の黒い着物や洋服を喪服と呼びますが、参列者の喪服のマナーは宗教に関係なく、共通しています。基本的に長袖や膝より下の丈のもので、夏でも七分袖などの肌を出さないもので、光沢のない黒色のものを身に着けます。上衣や靴やバッグも、光沢のあるものを避けます。基本的に、結婚指輪以外のアクセサリーは控えますが、女性が一重のパールのネックレスをするのは構いません。ただし、パールが二重や三重のものは、マナー違反ですから気をつけましょう。華美なネイルや派手なメイクは避けます。また、タイツはカジュアルなものであるため避けた方がよいとされます。寒い季節には、タイツよりパンツスーツなどで防寒するようにしましょう。