お葬式でのお焼香について

お葬式や法事等で行うお焼香は仏様に香を焚いて拝む行為ですが、まずお辞儀をするなどのルールがあります。
そんな中でも一番戸惑うルールがお焼香の回数です。
お焼香をする際、周りの人たちの行動を見て行う人も多いですが、お焼香の回数はその人の属する宗派によって変わります。
私は、お世話になっているお寺の住職に教えてもらったところ、私の宗派では1回のみお焼香をすると知り、今までそういったことを知らず、周りに合わせていたことを恥じた経験があります。

特にお葬式では色々な宗派の方が、故人にお焼香をしに来てくれるので、その回数は違うものです。
それを知らずに、あの人のやり方は合っている、間違っているなど早とちりをしないように気をつけたいものです。

皆さんも、ご先祖の代からお世話になっている宗派があるようでしたら、ぜひお作法について聞いていただき、自分の宗派のお焼香の回数でお焼香ができるようにしておくことをお勧めします。