葬儀のマナーについて

葬儀はお世話になった故人に感謝を伝えお別れをする場であり、悲しむ遺族に哀悼の意を表す場でもあります。マナー違反をするととても失礼にあたります。葬儀に参列する場合のマナーとしては、黒い喪服を着ることが第一です。黒は光沢がなく派手なデザインの物は避けます。そして、女性は黒いストッキングに光沢のない黒靴、バックも黒に揃えます。アクセサリーは真珠のネックレスと結婚指輪のみとします。お化粧は薄めに髪の毛も一つにまとめることが良いです。焼香ではまず遺族と僧侶に一礼し、遺影に一礼します。そのあと焼香台の抹香をつまみ、目を閉じながら目の高さまで上げ、香炉に静かに落とします。その後遺影に合掌、一礼し、遺族と僧侶に一礼して席に戻ります。静かに音を立てずにスマートに行うことが大切です。ふくさや数珠も派手な色でないものを使用するのがマナーです。また、葬儀に遅刻することは大変失礼にあたるので、開始の20分前には着くようにいくのがマナーです。