葬式に行くときの男性の服装

葬式に行くときの服装にはマナーがあり、故人とのお別れにどうしても行きたいと時間がない時であっても、普段着のまま行くことはマナー違反の服装になることもあるので、行かなければよかったということにもなってしまいます。不幸事は急に訪れることもあり、そうなる前に事前に喪服を用意しておいていつでも着て出かけることができるようにしておくということもマナーになります。
男性の喪服の場合には、黒のスーツに黒のネクタイ、白のシャツというのが基本です。黒のスーツは、普段仕事で着ているようなビジネススーツではなく、漆黒の深みのある黒い生地を使用した喪服の黒いスーツが必要になります。多くの人が並ぶことになる場では、普段着ている黒のスーツは薄い黒であることが目立ってしまうので、必ず喪服用の黒スーツは用意する必要があります。シャツでは、ジャケットやネクタイに隠れて一部分しか見えないものではありますが、柄の入っていない無地を用意します。